Monthly Archives: 3月 2014

空気読み強制社会

「空気を読む」という言葉があります、ことさらにこれを口に出して言うようになったのはいつからなのか、はっきりとは分かりませんが、ここ10年以内で急に言われるようになりました。
これ自体はとても素晴らしい行為です。日本人の美徳とも言える、他社を尊重し、慮る奥ゆかしい性質の体現であるといえます。
ただ、それをわざわざ言葉に出し、あまつさえ他人にそれを強要したり、配慮不足をわざわざあげつらって人前で糾弾するという行為は、品性に欠けていると言わざるを得ません。
にも関わらず、「空気を読む」という行為を至上のものとするかのように優先し、それを少しでも乱す者を炙り出してはこき下ろす、そんな浅ましい活動に勤しむ人間の多いこと。
それは、自分が心掛けるべきものではあっても、他人を縛るためのものではないというのに。

こういう世の中だからか、大学に通う一人息子が、お金が必要だったのに私たち両親に相談することが出来ずに学生ローンを利用していいたのです。ローン自体が私はあまりいいものだと思っていないので、お金が必要ならば私に相談してくれればよかったのになとは思います。学生ローンを利用されるぐらいならば、私が出していたのに。

まあ、私たちがそんなに楽な生活をしていなくてピリピリしていたというところの空気を読んだのかもしれませんけどね。

主婦だって忙しい

家庭のことはすべて女性がこなすという世間の固定概念のようなものは理解できます。
主婦が嫌というわけではないのですが、軽く見られることも多くストレスを感じることも勿論あります。
家事は電化製品で簡単になったとはいえ、いちいち操作するのは人間です。
掃除洗濯、買い物から食事の支度など、朝からこなして気づけば夕方となることも多いです。
そのうえ日中買い物に行けば、ご近所付き合いなどの面倒な人間関係もこなさなくてはなりません。
それだけ頑張っても評価されず、お給料も出ないのだから虚しくなることもあります。主婦にはお小遣いっていのがないっていう人も多いから自由に遊んで暮らしているわけでもないですからね。私も実際お小遣いがないので生活費を節約節約して千円二千円を浮かして月に一回の友人との千円以下のランチに行くのが楽しみくらいです。

ランチくらいみんな行ってますよね??

なんか怒りが出てきた(笑)
気分転換にテレビドラマを見ることくらいしかないのに、それさえ見ればバカにされるという風潮もあって悔しい気持ちです。

こういったストレスを主人に打ち明けると、何か趣味を持ってみたら??って言われたのでそんなお金ないし・・っていうと何がしてみたい??って聞いてくれたのでヨガに前々から行ってみたかったことを伝えました。すると、いいから行っておいでと快く言ってくれたんです(>_<)なんて優しい♡

言葉に甘えて、生活が苦しくならない程度にちょっと行ってみようと思います。※札幌ヨガ教室